• ご利用案内
  • 無料サンプル請求
  • マイページ
  • お電話で問合せ

Q. 印刷面にペンで文字を書きたいのですが

当社では幾つかのペンを推奨しておりますのでご参考にしてください。

当社のものに限らず、多くの年賀状印刷では、トナーを使ったらオンデマンド印刷が主流です。トナーの成分にシリコンを使っているので、普通のペンでは、インクの定着やノリが悪くかすれてしまう事例が発生しています。

パイロット 加圧式油性ボールペン ダウンフォース BDW-40F

ノック加圧式のボールペンで、0.7mmの中太油性ボールペンです。ありがたいことに、7色が揃っています。
通常のボールペンの先端は、ボールがクルクル回ってインクを浸透圧と粘性で紙に転写する方式ですが、このタイプはお尻をノックすることで、インク溜めの空気が圧縮されてインクを押し出す方式なので、濡れた紙でも、上向きでも、そしてもちろん当社の印刷の上でもかすれることなくきれいに描くことができます。


uniのパワータンク スタンダード

パワータンクスタンダードの特徴は、0.5mm、0.7mm、1.0mmの3種類の太さが揃っていることです。今回3つともテストしてみたが、どれでもOKだった。パワータンクスタンダードも、パイロットのダウンフォース同様加圧することで、インクを強制的に吐き出す仕組みになっています。そして、先端のボールにも特徴が持たせています。スパイクボールと呼んでいる先端のボールには、小さな突起があり、インクを掻き出す効果と、紙の表面をのグリップする効果があるとのこと。ツルツルした紙面でもボールが滑らずに筆記できるとのことです。(0.7,1.0mm)のみ。こちらも濡れた紙、氷点下の筆記そして上向きでも、もちろん当社の印刷の上でもきれいに描くことができます。


トンボのエアープレス

エアープレスという名付けだけあって、トンボの製品も加圧式のボールペン。線幅0.7mmで、ブラック・ブルー・オレンジ・フルブラック・透明・ホワイトの6色がラインナップされていますが、インクは黒のみ(笑)。ノック式で圧力を掛ける方式で、他の2者と同じように特性があります。濡れた紙でも、上向きでも、そしてもちろん当社の印刷の上でもかすれることなくきれいに描くことができます。

結論は、加圧式であればほぼ大丈夫!


確実なのはサクラの「写真ペン」

確実なのは、写真付きポストカードや写真プリントに鮮やかに書ける「写真ペン」です。油性式で、サクラから出ています。
写真ペンという名前の通り、このペンで書いていただくと間違いありません。