暑中見舞いの印刷もふち無しで!


日本郵便では、2021年から「かもめ~る」の販売を行いません。そこで、当社でオリジナルデザインのはがきを5種類用意しました。
単品でも購入できます。裏面の印刷を注文いただいた場合は、普通はがきの料金63円/枚のままご提供いたします。

夏らしいデザインのオリジナル暑中見舞い
暑中見舞いはがき  2021年 ペンギン

ペンギン

 暑中見舞いはがき 熱帯魚 2021年

熱帯魚

暑中見舞いはがき 2021  スイカ

スイカ

暑中見舞いはがき2021 ジンベエザメ

ジンベエザメ

アマビエ


画像はすべて「普通紙」のデザイン、「インクジェット紙」は切手部分が山桜 (青)で「インクジェット紙」の表記が入ります。「ふち無しはがき印刷本舗」が小さく入ります。

外部テンプレートサイトなので、ふち無しの登録とは異なります。

楽々プリント工房サイトでの会員登録が必要となります。

暑中見舞い印刷  データ入稿専門『ふち無しはがき印刷本舗』ご挨拶

ふち無しはがき印刷本舗』は、通常はがき・郵便はがき(100×148mm)全面にカラー印刷を行うことができる数少ない印刷サービスを提供しています。四角の白いふちを切ったり・写真を貼ったりせずに、はがきに直接印刷しています。10枚から法人向けには10万枚以上という印刷枚数に対応したり、宛名面にもふち無し印刷や宛名を印刷するオプションに対応したり、要望されるサービスを可能な限り提供しています。

『ふち無しはがき印刷本舗』店主 西ケ谷一志

暑中見舞い全面にカラー印刷!データ入稿専門

暑中見舞いデータ入稿
デザインソフトで作り、データ入稿する方法
デザイン依頼 オーダーメイド
当社にてご希望を伺い、デザインを仕上げる方法

オプション

発色が気になる方におすすめ!
はがきに印刷した本校正サービス
特急印刷でスピード対応
お急ぎの場合はぜひ特急印刷でご注文を

ふち無しはがき印刷 クリアトナー加工
全面や部分にクリアトナーをプラス!
グッと個性的にデザイン度をアップ
宛名印刷
Excelデータ・レイアウト済みPDFの2種類に対応。
宛名もきれいに印刷

暑中見舞いの投函代行
宛名印刷済みの暑中見舞いはがきをお客様に代わってポスト投函します
宛名面デザイン印刷
宛名面にもふち無し印刷が可能
オンリーワンのアピールをしませんか

新着情報

■ 追加注文について。代引きにて受付けます。校正作業をせずに印刷に進みます。初回の注文番号をお知らせください。

料 金

年賀状印刷料金計算内訳

暑中見舞いはがき印刷単価(はがき代は含まず)

枚数(枚)  印 刷 単 価(はがき代含まず)・税込

 

 

 

 

 通常価格

 

 

 

 

早割1 10%OFF 早割2 20%OFF 超早割 25%OFF

暑中見舞
7月10日までに入金

暑中見舞
6月20日までに入金

暑中見舞
6月01日までに入金

10〜30 @198円 @178円 @158円 @148円
〜50 @171円 @153円 @136円 @128円
  〜100 @132円 @118円 @105円 @99円
  〜200 @107円 @96円 @85円 @80円
〜300 @97円 @87円 @77円 @72円
〜400 @86円 @77円 @68円 @64円
  〜500 @78円 @70円 @62円 @58円
  〜700 @69円 @62円 @55円 @51円
〜1,000 @62円 @55円 @49円 @46円
〜1,500 @56円 @50円 @44円 @42円
〜2,000 @52円 @46円 @41円 @39円
〜3,000

@50円

@45円 @40円 @37円
〜5,000 @48円 @43円 @38円 @36円
〜10,000 @47円 @42円 @37円 @35円

価格について詳しくはこちらをご覧ください。

納期

印刷だけの場合は校正承認後5日後に発送、特急の場合は3日後に発送します。オプションや枚数が多い場合の詳細は、こちらを御覧ください。

はがき印刷納期について

年賀状印刷100人100色はがきプロジェクトは届く思い手にする気持ちをコンセプトにはがきクリエーターで構成されるデザイン工房です

■入力用テンプレート

年賀状印刷 イラストレータ、フォトショップ・エクセル入稿用テンプレート

■印刷下請け受付

■お支払い方法

ゆうちょう銀行のご入金口座
決済システム

■ご入稿はこちらから

年賀状印刷データ入稿

年賀状・暑中見舞い・はがき印刷はふち無しが一番!切らない・貼らないで全面にカラー

ふち無しはがき印刷本舗は、平成23年から印刷事業を始めています。市販されている年賀状になぜか白フチがある。届いた写真年賀状の大きさが小さくて厚い?なんとかふち無し印刷ができないものかと試行錯誤して商品化してきました。
郵便はがきは、100×148mmに切られてものが売られているので、多くの印刷機ははがきを一枚一枚印刷する時に「クワエ」という紙を移動するために必要な爪が必要で、その部分は印刷できない仕様になっています。そもそも商業印刷では大きい紙に一度に印刷して指定の大きさに断裁して製品にするため、はがきを一枚一枚印刷するのはとっても効率が悪いので、妥協して白フチの印刷を行ってきたのです。家庭用インクジェットプリンターでは、はがきの端を飛び越えて外側まで印刷するようになっているので、ふち無し印刷ができますが、数百枚を印刷するのがやっとで商業印刷として商売ではがき印刷を行うのはたいへんなのでほとんど敬遠されています。一方で写真年賀状印刷では、印画紙にプリントした写真をはがきに貼る方法でふち無し印刷を実現していますが、貼ることで紙がずれてしまうので数ミリ小さく切る必要があります。なので家に届いた写真年賀状は一回り大きさが小さく、更に厚さが厚くなります。そのため、宛名印刷でトラブルが起きて難儀することがあるようです。

ふち無しはがき印刷本舗の特徴は、なんと言っても、切らない・貼らない・郵便はがき全面にカラー印刷ができることです。写真を大きく使ったデザインで、年賀状印刷・暑中見舞い印刷で多くの皆さんに喜ばれています。