Q:ふち無しはがき印刷本舗 印刷品質1

A:商業印刷での標準カラー印刷品質です。

ネットの注文する印刷通販の品質は、心配ですよね。どんな仕上がりなのか?気になるところです。

当社に寄せられる印刷品質に関する問合せを紹介します。

写真品質か?

正直にお話しましょう。

写真品質かどうかは、使う紙によります。ふち無しはがき印刷本舗は、お年玉付き年賀状で通常「一般紙」と呼ばれている紙に印刷します。そのため、ツルツルの写真品質ではありません。

満足いく十分キレイなカラー発色です!

はがきは古紙を使っていて、少し淡いクリーム色かかった白色です。そのため、印刷されない白い部分は「淡いクリーム色」です。この紙をベースに印刷するので、印刷される部分も「「淡いクリーム色」(微妙にイエローが混ざった色)の上にインク(トナー)がのることになります。インクの%が低い場合は、色は網点で表現されるため、下地の色の影響を受けます。

モニター上での色の表示
モニター上での色の表示
実際の印刷では網点で色の濃さを表現
実際の印刷では網点で色の濃さを表現

弊社が使用しているRICOH社のオンデマンド印刷機はトナー方式の印刷です。この印刷の特徴は、オフセット印刷が紙にインクが染み込む印刷に対して、紙の上にトナーを乗せて定着させる印刷になります。そのため、色が濃くなると紙の色の影響を受けなくなり純粋にCMYK(シアン・マゼンダ・イエロー・ブラック)トナーの色の混合で表現されます。そこで当社では薄い色の時には、はがきの色を考慮してイエローなどのトナーの配分を少し減らすようにして、実際の色が忠実に表現できるようにしています。

クリアートナーのオプションで、光沢感も付けられます

しかし、やっぱり写真のようなツルツルを望むお客様もいらっしゃいます。当社では、そのようなご希望に対応するために、「全面クリアトナー」のオプションメニューを用意しています。印刷の最終工程で、透明の光沢感のあるトナーを全面に塗布します。

これにより、光沢感を追加することができます。ここで、誤解のないようにお断りしておきたいことがあります。先にもお知らせしたように、年賀はがきは「古紙」を使ったものです。紙そのものの平坦性に限界があります。写真用の紙と違いツルツルではありません。そのため、クリアートナーを全面に使用してもツルツルになるワケではありません。光沢感が増すのです。

年賀状の質感を損なうことなく、キレイに印刷

よくよく考えてみてください。年賀状がツルツルしている必要がありますか?主観ですが私は落ち着いたしっとり感のある年賀状好きです。ツルツルだと指紋が付いてしまったりすることもあります。

当社の印刷は、年賀状の質感を損なうことなくキレイに印刷します。

論より証拠!サンプルを取り寄せていただき、当社の質感を直に確かめてください。