印刷範囲指定による塗り足しの設定

印刷範囲制定ができるDTPソフトやマイクロソフト・ワードなどて塗り足しを設定する方法です。

トンボが設定できるAdobe Illustratorなど

ふち無しはがき印刷 作り方

【塗り足し】
はがきよりちょっと大きくはみ出したデータを作ります。はみ出す部分を「塗り足し」と呼びます。印刷のズレがおきてもちゃんとふちまで画像が印刷されるためのセオリーです。
一般に商業印刷された印刷物は、紙の端まで印刷されています。そのためには、仕上がりサイズ(=実際の印刷物ができあがるサイズ)よりも天地左右を約3mm大きくデータを作り、大きい紙に印刷して最後に仕上りサイズで断裁します。この3mmを断裁する(紙を切り落とす)ことを「裁ち落とし」と呼び、断裁される領域を「裁ち落とし」「塗り足し」「ドブ」などと呼びます。

【とんぼ】
そのため断裁する位置を指定する必要があり、インクの版の位置合わせのために使う線を「とんぼ」と呼びます。

ふち無しはがき印刷用のデータも同じように、3mm大きく作ります。

※トンボとは

右の図の赤い枠の外側にある矩形の線のことをトンボと呼んでいます。赤い枠が断裁(仕上り)位置です。

ふち無しはがき印刷本舗では、官製はがきの大きさより少し大きめのデータをオンデマンド印刷機に送り赤い枠の部分を官製はがきに転写します。

 

裁ち落としギリギリのレイアウトは"塗り足す"

【裁ち落としギリギリのレイアウトについて】

左のデザインのように「Happy New Year」の文字をふちギリギリに置きたい場合は、レイアウトでは、3mmのトンボまで、Hの左側上側・Nの文字上側の白い部分を伸ばして"塗り足し"デザインしてください。

 

この場合もふち無し印刷本舗では、印刷のズレは1mm以内を保証しています。

ふちの内側に必ず置きたいデザインも注意

【裁ち落としギリギリのレイアウトについて】

サイズ内に配置する文字や画像のうち、フチに近いと印刷のズレの許容範囲に収まらず文字や画像が切れてしまう場合がありますので、切れてしまわないよう、フチから2mm内側に配置するようお願いします。もちろん、故意にキレてしまうようなレイアウトの場合は、その旨をご指示ください。

 

ふち無し印刷本舗では、印刷のズレは1mm以内を保証しています。

トンボが設定出来ないが印刷範囲が設定できる場合(ワードなど)

官製はがきの大きさは、100×148mmです。印刷物のサイズを指定できるソフトの場合は、3mmの「塗り足し」を追加した、106mm×154mmの台紙で制作してください。
マイクロソフト・ワードなど、サイズを設定できるソフトでの作り方です。

背景に画像や色をひく場合は、106mm×154mmの台紙一杯まで使ってください。文字など、はがきのふちまでキッチリデザインしたい場合も、同じように塗り足しを考慮して、作ってください。

ソフトに付随するテンプレートを使用する場合ば、サイズを確認ください。

トンボを追加する機能は無いですので、追加する必要はありません。106mm×154mmで作っていただいたデータの3mm内側の100×148mmを印刷します。