ビジネスソフトでふち無しはがき印刷用の完全データを制作

ワープロソフトや表見ソフト、プレゼンテーションソフトなどをひっくるめてビジネスソフトと呼んでいます。ソフト間のデータ連携が容易だったり、操作性が統一されていたりと、会社の事務や学校などの現場で重宝されているソフトです。

ここでは、ビジネスソフトの代表的なものとして、Microsoft社のOfficeソフトのうち、ワードとエクセルとパワーポイントで制作するための方法を解説します。

ビジネスソフトの長所と短所

ビジネスソフトは、なんといっても普段使いなれているという点で、簡単にデータを作ることができきます。最近では、中学校や高校の授業でもレクチャーがあるので、若い方ならば一度は触ったことがあるはず。ビジネスの現場でパソコンを使うことがあれば、必ずと言っていいほど、日常的に使われているソフトです。

ところがビジネスソフトは、決まったパソコン決まったプリンターでは、同じように出力できても、違う環境で同じデータを印刷しても必ずしも同じようには印刷されません。DTPソフトと比較すると、レイアウトの自由度が低い、カラー調整ができない、画像の解像度が低い、などの限界があります。

限られた機能の中で、使い慣れたソフトでイマジネーションとセンスをフルに発揮したデザインをするか? 自由度はあるけれども、DTPソフトだと宝の持ち腐れとなるか?難しい選択ですね。

当社では、ビジネスソフトで制作したデザインをそのまま維持したままデータ入稿する方法と、出来る限りキレイなデータを制作する方法をご案内します。

ワードでふち無しはがき印刷

マイクロソフト・ワード

ワードでは、メニューの[ファイル]から[新規制作]を選びます。[使用可能なテンプレート]をプルダウンすると[年賀状]ホルダーがありお好きなデザインを選びます。ネットに繋がっていれば、office.comのサイトからダウンロードされます。これをたたき台にして、はがきのデザインを始めてください。テンプレートは、官製はがきピッタリサイズの100mm✕148mmが自動的に設定されています。画面全体を使って、ダイナミックなデザインをしてください。

パワーポイントでふち無しはがき印刷

マイクロソフト・パワーポイント

パワーポイントでは、メニューの[ファイル]から[新規制作]を選びます。ネットに繋がった状態で[使用可能なテンプレート]をプルダウンするとoffice.comのテンプレートの中に[年賀状]ホルダーがありこれを選びます。これをたたき台にして、はがきのデザインを始めてください。コレを選べば、官製はがきピッタリサイズの100mm✕148mmが自動的に設定されています。画面全体を使って、ダイナミックなデザインをしてください。

マイクロソフト・エクセル



ただし、ここから注意が必要です!!

 

 ふち無しはがき印刷本舗では、白フチの出ない印刷をするため、100mm✕148mmのデータを印刷する場合には、約106%ほどデータを拡大して印刷します。つまり、筆まめで作ったデータの場合、100mm✕148mmの端からおおよそ2mm程度内側までが実際に印刷されるはがきの大きさとなります。背景にイラストや写真を入れる際は、100mm✕148mmの画面全体に配置してください。そうすることで、白フチの出ないキレイな印刷ができます。賀詞や文字、イラストや写真など、フチギリギリに配置せずに、2mm内側から更に2mm程度内側に配置することでバランスが取れたレイアウトになりますよ。

 

レイアウト例

  なお、ご入稿いただいたデータは、実際に印刷するサイズに拡大した「校正データ」をメールにてご確認いただけますので、ご安心ください。

 

ファイルを保存 PDFで書き出し

ワードまたはパワーポイントで年賀状を制作したら、印刷データを入稿ファイルに書き出します。

 

ワードでは、PDFに書き出します

【基本設定を変更】

ファイル>オプション>から詳細設定を選択、「イメージのサイズと画質」で「既存の解像度」のプルダウンから「高品質」を選択して「OK」ボタンをクリック。

 

【PDFファイル形式で書き出します】

ファイル>名前をつけて保存>から保存先を選択し、ファイル名を入力、ファイルの形式で「PDF」を選択、最適化の項目で標準を選択し、オプションのPDFのオプションでm「PDF/A準拠にチェックして「OK」ボタンで保存します。

 

【画面キャプチャーを書き出します】

デザインが終了したら、モニターに映し出されたデザインを保存してください。「画面キャプチャー」を撮るという方法での保存です。これでデザイン画面を間違いなく第三者に伝えることができます。(.docファイルや.pdfで保存したものは、時として文字化けなどが発生している可能性があるからです。)画面キャプチャーの保存方法は、

  1. 画面のスクリーンショットは、キーボードの[Print Screen]キーを押す
  2. 画像ファイルとして保存するには「ペイント」を起動し、貼り付け作業後ファイル保存
  3. 作業中ウィンドウの場合は、[Alt]キーを押しながら[Print Screen]キーを押す

 

となります。

パワーポイント

【基本設定を変更】

ファイル>オプション>から詳細設定を選択、「イメージのサイズと画質」で「既存の解像度」のプルダウンから「高品質」を選択して「OK」ボタンをクリック。

 

【JPEGファイル形式で書き出します】

ファイル>エキスポート>「ファイルの種類の変更」を選択し、ファイル名を入力、ファイルの形式で「PDF」を選択、最適化の項目で標準を選択し、「JPEGファイルの交換形式を選択して「名前を付けて保存」ファイル名を入力してボタンで保存します。

当社へデータ入稿

マイページに登録いただき、ご注文いただくとSTEP2で[ご入稿]のページが開きます。こちらからご入稿いただきます。

ふち無しはがき本舗は心をこめて印刷します。データ入稿でお待ちしています。

ふち無しはがき本舗では、お年玉付き年賀状かもめ~る(抽選番号付き暑中見舞い)喪中葉書ビジネス年賀状季節のご挨拶葉書五節句の挨拶葉書クリスマスカード結婚報告引越し連絡DMハガキなど、官製はがきにふち無しプリントを施したオリジナルハガキの制作をお手伝いします。データ入稿・プリント代行・デザインから制作など、お客様のご要望にお答えします。年賀状や暑中見舞いのテンプレートもどんどん増やしていきます。