年賀状印刷ソフト『筆王』で作成

年賀状ソフト「筆王」がパワーアップして新登場です。素材が充実、戌年のデザインに加え、シンプルモダン、趣味・スポーツ、ビジネスなど多彩なテンプレートを収録。簡単に顔写真を犬風にできるおもしろ顔スタンプ機能を新搭載。

作業1  年賀状印刷ソフト『筆王』で裏面をデザインします

  年賀状印刷ソフト『筆王』では、メニューから[ウラ(レイアウト)]を選択。[年賀状]を選びます。年賀状印刷ソフト『筆王』で作る年賀状のデザインデータは、官製はがきピッタリサイズの100mm✕148mmが自動的に設定されています。画面全体を使って、ダイナミックなデザインをしてください。

 

ただし、ここで注意が必要です!!

 

 ふち無しはがき印刷本舗では、白フチの出ない印刷をするため、官製はがきサイズ(100mm✕148mm)のデータを印刷する場合には、約106%ほどデータを拡大して印刷します。つまり、筆ぐるめで作ったデータの場合、100mm✕148mmの端からおおよそ2mm程度内側までが実際に印刷されるはがきの大きさとなります。背景にイラストや写真を入れる際は、100mm✕148mmの画面全体に配置してください。そうすることで、白フチの出ないキレイな印刷ができます。賀詞や文字、イラストや写真など、フチギリギリに配置せずに、2mm内側から更に2mm程度内側に配置することでバランスが取れたレイアウトになりますよ。

 

レイアウト例

ふちの内側に必ず置きたいデザインも注意

サイズ内に配置する文字や画像のうち、フチに近いと印刷のズレの許容範囲に収まらず文字や画像が切れてしまう場合がありますので、切れてしまわないよう、フチから2mm内側に配置するようお願いします。もちろん、故意にキレてしまうようなレイアウトの場合は、その旨をご指示ください。

 なお、ご入稿いただいたデータは、実際に印刷するサイズに拡大した「校正データ」をメールにてご確認いただけますので、ご安心ください。

 

作業2 裏面デザインデータを別名形式で保存

【1】画面左部にある[裏面]タブをクリックして裏面を表示します

 


【2】[ファイル]をクリックし、下段に表示される[デザインファイル]メニュー内にある、[名前を付けて保存]をクリックします

 


【2】[名前をつけて保存]ダイアログが表示されます。

 

【3】[保存する場所]欄で、保存する場所を指定します。

 

【4】[ファイルの種類]欄をクリックして、JPEG形式でのファイル形式を選択します。

 

【5】[ファイル名]欄に任意のファイル名を入力して[保存]ボタンをクリックします。


【6】[画像情報の設定]画面が表示されます。

 

 [解像度]欄に保存する画像の解像度300DPIを入力します。

 

 [画質]バーを調整し、[高]を設定します。

 

【7】[[OK]ボタンをクリックすると、裏面のデザインが画像ファイルとして保存されます 。


作業3 注文およびデータ入稿

注文

当社ホームページのトップページ[データ入稿]ボタンをクリックすると、マイページ登録の画面となります。ご登録後新規注文にすすんでください。[データ入稿]ボタンをクリックすると、マイページ登録の画面となります。ご登録後新規注文にすすんでください。

当社へデータ入稿

お見積>ご注文と進めていただきSTEP2データ入稿からご入稿ください。