ヘッダーメニュー

年賀状・暑中見舞いなら、ふち無しはがき本舗! 新着情報

2016年

11月

23日

年賀状比較.netにふち無し年賀状のレビュー掲載

ふち無しのレビューを発見

年賀状印刷比較.net
年賀状印刷比較.net

ネット印刷が大きなマーケットになってきている年賀状印刷。今日ググってみたら、なんとウチのレビューが載っているではないか!ビックリしちゃいました。

 

ヤラセでも広告でもありません。このサイトの管理人が弊社に注文してレビューしてくれているんです。ありがとう。ありがとう。

客観的にそしてツボを押さえた記事に再び感動です。

 

 

ちゃんと富士山年賀状注文してくれて評価しているんです

正直ドキドキしちゃいました。だってウチで印刷した年賀状の初レビューだから。ちゃんと評価をしてくれているんです。実際にうちに注文があり、ちゃんとリサーチしてくれていたんです。(涙)

下の書類は弊社の作業指示書。テスト注文といっても、ちゃんとお金を払って注文してくれてレビューを書いてらっしゃる。信用できますよね。

 

このサイトで優秀な評価を戴くようにがんばらなくっちゃーと真摯に思うわけです。

でも作業指示書とレビュー画面が一緒になっているってなんかへんな感じ!

特徴をレビュー

厚みが変らないこと、大きさが変らないこと、そして今年から始めたクリアトナーの動画まで掲載してくれました。

価格を評価

「高品位をお手軽な価格で」と値付けしています。最安値と比較されるとチョット …。値下げは来年検討します。


梱包状態もチェック

梱包状態までしっかりチェックしてレビュー。頭が下がります。

印刷の仕上りも評価

銀塩写真貼り付けタイプと厚さを比較している写真。うちではやったことないけど、はがきの1.5倍も厚いんですね。


レビューを読まれて納得していただけたら、是非ご注文を!

2016年

11月

13日

はがきデザインキットで作った年賀状をネットで印刷外注

はがきデザインキットといえば、日本郵便が作った無料の年賀状デザインアプリです。年賀状は自分で作りたい、デザインしたい。干支にちなんだ絵柄を自分でアレンジしたい。PCも普及して年賀状用のパソコンソフトもたくさんあります、本屋さんに行けばCD付きムックがいっぱい並んでいます。インターネットが普及している現代だからこそ新年の挨拶は、年賀状を送りたい。そういう日本人が増えています。


インクジェットの年賀状印刷でお困りなら

パソコンを持っている人なら必ずプリンターも持っていますよね。いつもの原稿印刷なら気にならないけど年賀状を印刷しようとすると…

  • インクが詰まっていれてカスレてします。
  • 特定の色が綺麗に印刷できない。
  • 汚れちゃう。
  • 時間が掛かってめんどくさい。

などなど。

そのうえ、それを解決するために…

  • インクを購入 ←高価
  • 修理 ←たいへんだ
  • クリーニング ←手間がかかる
  • 買い替え ←まだ使えるのもったいない

そんな時は、ネットプリントで印刷を外注化しませんか!

 

ネットプリントでふち無し印刷会社を選ぶには…

インクジェットプリンターで「ふち無し」は当たり前。ところが業務用の印刷機ではふち無しが難しいのです。コピー機で印刷すると白フチが付きますよね。そうなんです… 業務用印刷機では、フチに印刷が出来ない、もしくはしたくない仕様になっているのです。理由はフチからこぼれたインクで機械が壊れてしまう、紙を掴むのでそこは印刷できない、などなど理由は様々なのですが、ふち無し印刷が出来ないのです。

『ふち無しはがき印刷本舗』はネット年賀状印刷の革命児

ふち無しはがき印刷本舗では、お年玉付き年賀状で今までできなかった業務用ふち無し年賀状印刷を可能しました。自画自賛ですが(笑)、ライバルの印刷会社からスパイも来るくらい!驚きの技術なんです。

私製はがきなら簡単

お年玉付き年賀状ではなく私製はがきなら、ふち無し印刷は簡単です。大きく刷って断裁すればいいのです。紙の種類も選べます。でも、やっぱり年賀状はお年玉付きですよね。切っても貼らなくてはなりません。

オフセット印刷で可能な印刷屋さんも

古いカード印刷用のオフセット印刷機では、ふち無しが可能なサービスを提供している会社があります。もちろんフチを切らないで。オフセットだとオフセット独特のシックな色合い、特色印刷(金や銀や蛍光色など)ができます。検討の価値アリですよ。ただし、刷版というハンコを作る工程があるので少量の印刷に向いていないのが玉にキズ。

写真プリント年賀状の残念なところ

すでにポピュラーな「写真プリント年賀状」大手の写真屋さんが実現していますが、実は大きさが小さいのです。印画紙をはがきに貼る方法で、貼った後フチを整えるために断裁しているんです。貼り合わせ方式なので、紙が厚くなる、質感が変わってしまう。特に前者の場合は、厚くなることで宛名印刷を自宅のプリンターでやるとトラブルが起きやすくなります。

ムリムリ、白フチを断裁する方法

オンデマンド印刷やオフセット印刷でふち無しを実現する方法は、印刷されない白フチ部分を断裁してしまう方法ほうが一番簡単です。100×148mmしかないはがきが3mmも小さくなっちゃうんだよ。


ふち無しはがき印刷本舗の特徴は、

  • 切らない
  • 貼らない
  • ダイレクトに鮮やかなカラー印刷

他社が追随できない技術開発で、数万枚までの大量印刷を低コストで可能にする印刷です。

部分光沢で、一味違ったデザインが可能

2016年ふち無し印刷用オンデマンド印刷機を新しくしました。5色目のインク「透明な光沢が可能なインク」が新たに追加されました。インクと同じように好きなところに印刷が可能です。模様・金銀の光沢感追加・水の流れや光の具合・反射などを表現できます。
その質感を画像で確認ください。


ふちまで印刷するため、印刷データはちょっと大きめに作る

フチまでちゃんと印刷するために、印刷データはちょっと大きめにつくるのがコツです。しかし、年賀状アプリの多くははがき正寸でデザインすることしか出来ないものがおおいです。そこで、2%ほど内側が印刷されるという理解でデザインしてください。弊社で102%に拡大して印刷することで、意図するデザインをはがき全面に印刷します。

はがきデザインキットでデザインはしたけど印刷が面倒だというみなさん!

いかがですがか?『ふち無しはがき印刷本舗』では年賀状にフチまで綺麗に印刷します。インクジェット以外の印刷方法では難しかったことを実現しています。
デザインは自分で印刷は面倒だし自分でやったら費用も高いし時間もかかるという賢い方の選択肢の1つとして当社のサービスを是非ご利用ください。

印刷の質が心配と言う方に、印刷サンプルを無料でお届けするサービスを行っております。
自分のデザインを本番印刷の前に確認したいとおう方のために『色校正』サービスも行っています。

2016年

11月

13日

宛名職人で作った年賀状をネットで印刷外注

宛名職人といえば、MAC用の年賀状ソフトとして有名です。MAC使いの方はデザイン志向の方がおおいですよね。年賀状は自分で作りたい、デザインしたい。干支にちなんだ絵柄を自分でアレンジしたい。PCも普及して年賀状用のパソコンソフトもたくさんあります、本屋さんに行けばCD付きムックがいっぱい並んでいます。インターネットが普及している現代だからこそ新年の挨拶は、年賀状を送りたい。そういう日本人が増えています。


インクジェットの年賀状印刷でお困りなら

パソコンを持っている人なら必ずプリンターも持っていますよね。いつもの原稿印刷なら気にならないけど年賀状を印刷しようとすると…

  • インクが詰まっていれてカスレてします。
  • 特定の色が綺麗に印刷できない。
  • 汚れちゃう。
  • 時間が掛かってめんどくさい。

などなど。

そのうえ、それを解決するために…

  • インクを購入 ←高価
  • 修理 ←たいへんだ
  • クリーニング ←手間がかかる
  • 買い替え ←まだ使えるのもったいない

そんな時は、ネットプリントで印刷を外注化しませんか!

 

ネットプリントでふち無し印刷会社を選ぶには…

インクジェットプリンターで「ふち無し」は当たり前。ところが業務用の印刷機ではふち無しが難しいのです。コピー機で印刷すると白フチが付きますよね。そうなんです… 業務用印刷機では、フチに印刷が出来ない、もしくはしたくない仕様になっているのです。理由はフチからこぼれたインクで機械が壊れてしまう、紙を掴むのでそこは印刷できない、などなど理由は様々なのですが、ふち無し印刷が出来ないのです。

『ふち無しはがき印刷本舗』はネット年賀状印刷の革命児

ふち無しはがき印刷本舗では、お年玉付き年賀状で今までできなかった業務用ふち無し年賀状印刷を可能しました。自画自賛ですが(笑)、ライバルの印刷会社からスパイも来るくらい!驚きの技術なんです。

私製はがきなら簡単

お年玉付き年賀状ではなく私製はがきなら、ふち無し印刷は簡単です。大きく刷って断裁すればいいのです。紙の種類も選べます。でも、やっぱり年賀状はお年玉付きですよね。切っても貼らなくてはなりません。

オフセット印刷で可能な印刷屋さんも

古いカード印刷用のオフセット印刷機では、ふち無しが可能なサービスを提供している会社があります。もちろんフチを切らないで。オフセットだとオフセット独特のシックな色合い、特色印刷(金や銀や蛍光色など)ができます。検討の価値アリですよ。ただし、刷版というハンコを作る工程があるので少量の印刷に向いていないのが玉にキズ。

写真プリント年賀状の残念なところ

すでにポピュラーな「写真プリント年賀状」大手の写真屋さんが実現していますが、実は大きさが小さいのです。印画紙をはがきに貼る方法で、貼った後フチを整えるために断裁しているんです。貼り合わせ方式なので、紙が厚くなる、質感が変わってしまう。特に前者の場合は、厚くなることで宛名印刷を自宅のプリンターでやるとトラブルが起きやすくなります。

ムリムリ、白フチを断裁する方法

オンデマンド印刷やオフセット印刷でふち無しを実現する方法は、印刷されない白フチ部分を断裁してしまう方法ほうが一番簡単です。100×148mmしかないはがきが3mmも小さくなっちゃうんだよ。


ふち無しはがき印刷本舗の特徴は、

  • 切らない
  • 貼らない
  • ダイレクトに鮮やかなカラー印刷

他社が追随できない技術開発で、数万枚までの大量印刷を低コストで可能にする印刷です。

部分光沢で、一味違ったデザインが可能

2016年ふち無し印刷用オンデマンド印刷機を新しくしました。5色目のインク「透明な光沢が可能なインク」が新たに追加されました。インクと同じように好きなところに印刷が可能です。模様・金銀の光沢感追加・水の流れや光の具合・反射などを表現できます。
その質感を画像で確認ください。


ふちまで印刷するため、印刷データはちょっと大きめに作る

フチまでちゃんと印刷するために、印刷データはちょっと大きめにつくるのがコツです。しかし、年賀状アプリの多くははがき正寸でデザインすることしか出来ないものがおおいです。そこで、2%ほど内側が印刷されるという理解でデザインしてください。弊社で102%に拡大して印刷することで、意図するデザインをはがき全面に印刷します。

宛名職人でデザインはしたけど印刷が面倒だというみなさん!

いかがですがか?『ふち無しはがき印刷本舗』では年賀状にフチまで綺麗に印刷します。インクジェット以外の印刷方法では難しかったことを実現しています。
デザインは自分で印刷は面倒だし自分でやったら費用も高いし時間もかかるという賢い方の選択肢の1つとして当社のサービスを是非ご利用ください。

印刷の質が心配と言う方に、印刷サンプルを無料でお届けするサービスを行っております。
自分のデザインを本番印刷の前に確認したいとおう方のために『色校正』サービスも行っています。

自分でデザインした年賀状のデータ入稿
デザインをプロに依頼する年賀状オーダーメイド

年賀状・暑中見舞いなら、ふち無しはがき本舗! 新着情報

2016年

11月

23日

年賀状比較.netにふち無し年賀状のレビュー掲載

ふち無しのレビューを発見

年賀状印刷比較.net
年賀状印刷比較.net

ネット印刷が大きなマーケットになってきている年賀状印刷。今日ググってみたら、なんとウチのレビューが載っているではないか!ビックリしちゃいました。

 

ヤラセでも広告でもありません。このサイトの管理人が弊社に注文してレビューしてくれているんです。ありがとう。ありがとう。

客観的にそしてツボを押さえた記事に再び感動です。

 

 

ちゃんと富士山年賀状注文してくれて評価しているんです

正直ドキドキしちゃいました。だってウチで印刷した年賀状の初レビューだから。ちゃんと評価をしてくれているんです。実際にうちに注文があり、ちゃんとリサーチしてくれていたんです。(涙)

下の書類は弊社の作業指示書。テスト注文といっても、ちゃんとお金を払って注文してくれてレビューを書いてらっしゃる。信用できますよね。

 

このサイトで優秀な評価を戴くようにがんばらなくっちゃーと真摯に思うわけです。

でも作業指示書とレビュー画面が一緒になっているってなんかへんな感じ!

特徴をレビュー

厚みが変らないこと、大きさが変らないこと、そして今年から始めたクリアトナーの動画まで掲載してくれました。

価格を評価

「高品位をお手軽な価格で」と値付けしています。最安値と比較されるとチョット …。値下げは来年検討します。


梱包状態もチェック

梱包状態までしっかりチェックしてレビュー。頭が下がります。

印刷の仕上りも評価

銀塩写真貼り付けタイプと厚さを比較している写真。うちではやったことないけど、はがきの1.5倍も厚いんですね。


レビューを読まれて納得していただけたら、是非ご注文を!

2016年

11月

13日

はがきデザインキットで作った年賀状をネットで印刷外注

はがきデザインキットといえば、日本郵便が作った無料の年賀状デザインアプリです。年賀状は自分で作りたい、デザインしたい。干支にちなんだ絵柄を自分でアレンジしたい。PCも普及して年賀状用のパソコンソフトもたくさんあります、本屋さんに行けばCD付きムックがいっぱい並んでいます。インターネットが普及している現代だからこそ新年の挨拶は、年賀状を送りたい。そういう日本人が増えています。


インクジェットの年賀状印刷でお困りなら

パソコンを持っている人なら必ずプリンターも持っていますよね。いつもの原稿印刷なら気にならないけど年賀状を印刷しようとすると…

  • インクが詰まっていれてカスレてします。
  • 特定の色が綺麗に印刷できない。
  • 汚れちゃう。
  • 時間が掛かってめんどくさい。

などなど。

そのうえ、それを解決するために…

  • インクを購入 ←高価
  • 修理 ←たいへんだ
  • クリーニング ←手間がかかる
  • 買い替え ←まだ使えるのもったいない

そんな時は、ネットプリントで印刷を外注化しませんか!

 

ネットプリントでふち無し印刷会社を選ぶには…

インクジェットプリンターで「ふち無し」は当たり前。ところが業務用の印刷機ではふち無しが難しいのです。コピー機で印刷すると白フチが付きますよね。そうなんです… 業務用印刷機では、フチに印刷が出来ない、もしくはしたくない仕様になっているのです。理由はフチからこぼれたインクで機械が壊れてしまう、紙を掴むのでそこは印刷できない、などなど理由は様々なのですが、ふち無し印刷が出来ないのです。

『ふち無しはがき印刷本舗』はネット年賀状印刷の革命児

ふち無しはがき印刷本舗では、お年玉付き年賀状で今までできなかった業務用ふち無し年賀状印刷を可能しました。自画自賛ですが(笑)、ライバルの印刷会社からスパイも来るくらい!驚きの技術なんです。

私製はがきなら簡単

お年玉付き年賀状ではなく私製はがきなら、ふち無し印刷は簡単です。大きく刷って断裁すればいいのです。紙の種類も選べます。でも、やっぱり年賀状はお年玉付きですよね。切っても貼らなくてはなりません。

オフセット印刷で可能な印刷屋さんも

古いカード印刷用のオフセット印刷機では、ふち無しが可能なサービスを提供している会社があります。もちろんフチを切らないで。オフセットだとオフセット独特のシックな色合い、特色印刷(金や銀や蛍光色など)ができます。検討の価値アリですよ。ただし、刷版というハンコを作る工程があるので少量の印刷に向いていないのが玉にキズ。

写真プリント年賀状の残念なところ

すでにポピュラーな「写真プリント年賀状」大手の写真屋さんが実現していますが、実は大きさが小さいのです。印画紙をはがきに貼る方法で、貼った後フチを整えるために断裁しているんです。貼り合わせ方式なので、紙が厚くなる、質感が変わってしまう。特に前者の場合は、厚くなることで宛名印刷を自宅のプリンターでやるとトラブルが起きやすくなります。

ムリムリ、白フチを断裁する方法

オンデマンド印刷やオフセット印刷でふち無しを実現する方法は、印刷されない白フチ部分を断裁してしまう方法ほうが一番簡単です。100×148mmしかないはがきが3mmも小さくなっちゃうんだよ。


ふち無しはがき印刷本舗の特徴は、

  • 切らない
  • 貼らない
  • ダイレクトに鮮やかなカラー印刷

他社が追随できない技術開発で、数万枚までの大量印刷を低コストで可能にする印刷です。

部分光沢で、一味違ったデザインが可能

2016年ふち無し印刷用オンデマンド印刷機を新しくしました。5色目のインク「透明な光沢が可能なインク」が新たに追加されました。インクと同じように好きなところに印刷が可能です。模様・金銀の光沢感追加・水の流れや光の具合・反射などを表現できます。
その質感を画像で確認ください。


ふちまで印刷するため、印刷データはちょっと大きめに作る

フチまでちゃんと印刷するために、印刷データはちょっと大きめにつくるのがコツです。しかし、年賀状アプリの多くははがき正寸でデザインすることしか出来ないものがおおいです。そこで、2%ほど内側が印刷されるという理解でデザインしてください。弊社で102%に拡大して印刷することで、意図するデザインをはがき全面に印刷します。

はがきデザインキットでデザインはしたけど印刷が面倒だというみなさん!

いかがですがか?『ふち無しはがき印刷本舗』では年賀状にフチまで綺麗に印刷します。インクジェット以外の印刷方法では難しかったことを実現しています。
デザインは自分で印刷は面倒だし自分でやったら費用も高いし時間もかかるという賢い方の選択肢の1つとして当社のサービスを是非ご利用ください。

印刷の質が心配と言う方に、印刷サンプルを無料でお届けするサービスを行っております。
自分のデザインを本番印刷の前に確認したいとおう方のために『色校正』サービスも行っています。

2016年

11月

13日

宛名職人で作った年賀状をネットで印刷外注

宛名職人といえば、MAC用の年賀状ソフトとして有名です。MAC使いの方はデザイン志向の方がおおいですよね。年賀状は自分で作りたい、デザインしたい。干支にちなんだ絵柄を自分でアレンジしたい。PCも普及して年賀状用のパソコンソフトもたくさんあります、本屋さんに行けばCD付きムックがいっぱい並んでいます。インターネットが普及している現代だからこそ新年の挨拶は、年賀状を送りたい。そういう日本人が増えています。


インクジェットの年賀状印刷でお困りなら

パソコンを持っている人なら必ずプリンターも持っていますよね。いつもの原稿印刷なら気にならないけど年賀状を印刷しようとすると…

  • インクが詰まっていれてカスレてします。
  • 特定の色が綺麗に印刷できない。
  • 汚れちゃう。
  • 時間が掛かってめんどくさい。

などなど。

そのうえ、それを解決するために…

  • インクを購入 ←高価
  • 修理 ←たいへんだ
  • クリーニング ←手間がかかる
  • 買い替え ←まだ使えるのもったいない

そんな時は、ネットプリントで印刷を外注化しませんか!

 

ネットプリントでふち無し印刷会社を選ぶには…

インクジェットプリンターで「ふち無し」は当たり前。ところが業務用の印刷機ではふち無しが難しいのです。コピー機で印刷すると白フチが付きますよね。そうなんです… 業務用印刷機では、フチに印刷が出来ない、もしくはしたくない仕様になっているのです。理由はフチからこぼれたインクで機械が壊れてしまう、紙を掴むのでそこは印刷できない、などなど理由は様々なのですが、ふち無し印刷が出来ないのです。

『ふち無しはがき印刷本舗』はネット年賀状印刷の革命児

ふち無しはがき印刷本舗では、お年玉付き年賀状で今までできなかった業務用ふち無し年賀状印刷を可能しました。自画自賛ですが(笑)、ライバルの印刷会社からスパイも来るくらい!驚きの技術なんです。

私製はがきなら簡単

お年玉付き年賀状ではなく私製はがきなら、ふち無し印刷は簡単です。大きく刷って断裁すればいいのです。紙の種類も選べます。でも、やっぱり年賀状はお年玉付きですよね。切っても貼らなくてはなりません。

オフセット印刷で可能な印刷屋さんも

古いカード印刷用のオフセット印刷機では、ふち無しが可能なサービスを提供している会社があります。もちろんフチを切らないで。オフセットだとオフセット独特のシックな色合い、特色印刷(金や銀や蛍光色など)ができます。検討の価値アリですよ。ただし、刷版というハンコを作る工程があるので少量の印刷に向いていないのが玉にキズ。

写真プリント年賀状の残念なところ

すでにポピュラーな「写真プリント年賀状」大手の写真屋さんが実現していますが、実は大きさが小さいのです。印画紙をはがきに貼る方法で、貼った後フチを整えるために断裁しているんです。貼り合わせ方式なので、紙が厚くなる、質感が変わってしまう。特に前者の場合は、厚くなることで宛名印刷を自宅のプリンターでやるとトラブルが起きやすくなります。

ムリムリ、白フチを断裁する方法

オンデマンド印刷やオフセット印刷でふち無しを実現する方法は、印刷されない白フチ部分を断裁してしまう方法ほうが一番簡単です。100×148mmしかないはがきが3mmも小さくなっちゃうんだよ。


ふち無しはがき印刷本舗の特徴は、

  • 切らない
  • 貼らない
  • ダイレクトに鮮やかなカラー印刷

他社が追随できない技術開発で、数万枚までの大量印刷を低コストで可能にする印刷です。

部分光沢で、一味違ったデザインが可能

2016年ふち無し印刷用オンデマンド印刷機を新しくしました。5色目のインク「透明な光沢が可能なインク」が新たに追加されました。インクと同じように好きなところに印刷が可能です。模様・金銀の光沢感追加・水の流れや光の具合・反射などを表現できます。
その質感を画像で確認ください。


ふちまで印刷するため、印刷データはちょっと大きめに作る

フチまでちゃんと印刷するために、印刷データはちょっと大きめにつくるのがコツです。しかし、年賀状アプリの多くははがき正寸でデザインすることしか出来ないものがおおいです。そこで、2%ほど内側が印刷されるという理解でデザインしてください。弊社で102%に拡大して印刷することで、意図するデザインをはがき全面に印刷します。

宛名職人でデザインはしたけど印刷が面倒だというみなさん!

いかがですがか?『ふち無しはがき印刷本舗』では年賀状にフチまで綺麗に印刷します。インクジェット以外の印刷方法では難しかったことを実現しています。
デザインは自分で印刷は面倒だし自分でやったら費用も高いし時間もかかるという賢い方の選択肢の1つとして当社のサービスを是非ご利用ください。

印刷の質が心配と言う方に、印刷サンプルを無料でお届けするサービスを行っております。
自分のデザインを本番印刷の前に確認したいとおう方のために『色校正』サービスも行っています。

好評!色本校正サービス

ふち無しはがき印刷本舗では、ご要望によりデータ入稿されたデータを本校正を出力をいたします。ご入稿フォームで、オプションのサービスの[色校正]を選択ください。校了完了したデータを本校正印刷(はがきと同等の紙に印刷)し、送付いたします。

詳しくは、色校正・出力見本サービスをごらんください。

当社へデータ入稿

印刷メニューから[ふち無し年賀状印刷][ふち無し暑中見舞い]などのはがきの種類をクリックすると、[データ入稿]ボタンが現れますので、そこからご入稿ください。

ご入稿の際には、

  • 印刷用のデータ
  • 印刷見本データ(印刷データを画像にしたもの。プリントアウトされたものを携帯電話のカメラで撮っても構いません)

を一つのホルダーに入れて、ホルダーを圧縮され一つのファイルにしてご送付ください。

ふち無し印刷を実現するためにデータ制作に重要なポイントがあります。
上記解説を読んでいただき、最適なデータをご入稿ください。

このサービスを気に入っていただけたらどうぞお願いします。


このサービスを気に入っていただけたらどうぞお願いします。


このサービスを気に入っていただけたらどうぞお願いします。


ふち無しはがき本舗は心をこめて印刷します。データ入稿でお待ちしています。

ふち無しはがき本舗では、お年玉付き年賀状かもめ~る(抽選番号付き暑中見舞い)喪中葉書ビジネス年賀状季節のご挨拶葉書五節句の挨拶葉書クリスマスカード結婚報告引越し連絡DMハガキなど、官製はがきにふち無しプリントを施したオリジナルハガキの制作をお手伝いします。データ入稿・プリント代行・デザインから制作など、お客様のご要望にお答えします。年賀状や暑中見舞いのテンプレートもどんどん増やしていきます。

白ふち無しのはがきプリントは実は大変!年賀状、暑中見舞いに、

ふち無しはがき印刷本舗はその“タイヘンを可能にしました!

 

白フチの出ないはがき印刷は実はあまり類を見ないサービスだって知っていましたか?

その差は歴然!作っていただければわかります。年賀状や暑中見舞いは、ぜひふち無しはがき本舗で!


ふち無しはがき印刷本舗では、各種挨拶状のデータ入稿印刷代行を主におこなっております。

 ふち無しはがき本舗は、白フチの付かない年賀状と暑中見舞いプリントを可能にしました。他社では困難な、白フチのないハガキが最大の特徴です。完全データ入稿とテンプレート、写真フレームそしてオリジナルデザイン依頼も承ります。

 

 官製はがきを使う通常の年賀状やかもめ~る(暑中見舞い用はがき)では、機械の都合上、どうしても裁ち落とし(はがきの端部分)から3ミリ程度、印刷できずに白い部分が残ってしまいます。町のDPEショプでは、白いふちがついていない仕上がりの年賀状印刷メニューや暑中見舞い(かもめ~る)印刷メニューもありますが、印画紙に印刷し糊付けさらに白フチ部分を数ミリカットしています。なんと郵便局の年賀状や暑中見舞いのパンフレットには、ふち無しハガキのメニューがありますが、サイズが少し小さくなると説明があります。やはり白く残った部分をを端から数ミリカットしているわけです。もう一つの方法は、写真をはがきに糊付けして貼り合わせるものですが、これも貼り付けの誤差があるので少し切っています。そして貼り合せでハガキが厚くなり、自宅のプリンターで宛名を刷ろうとすると紙詰まりを起こしたりすることが多いようです。

 

 しかし、ふち無しはがき本舗では、独自の技術により、官製はがき(お年玉付き年賀状・かもめ~る(暑中見舞いはがき)でも端までキレイなプリントを可能にしました。さらに、高解像度のカラーオンデマンドプリンターを使用しておりますので、仕上がり・発色がキレイなことも自慢です。

 

 ・プロの扱うデザインソフトデータ  ・ワードやパワーポイントのデータ

 ・年賀状ソフトのデータ       ・ネット上の無料テンプレートデータ

 

などあらゆるデータに対応。データ入稿専門サイトです。ご要望によりデザインもおこないます。

ふち無しはがき本舗の年賀状・暑中見舞いをお求めください。

暑中見舞いにふち無しはがき、年賀状にふち無しはがき。データ入稿専門サイト。