2015年

12月

18日

まずは行動を起こしやすい仕掛けを年賀状に入れる

今回は、行動を起こしやすい仕掛けを年賀状に入れる方法を具体的に考えていきましょう。

 

例えば、

「お店に一度でいいから来てもらう」

ということを、最初の第一歩にしましょう。

 

まずは行動を起こしやすい仕掛けを入れる

そのためには、まずは行動を起こしやすい仕掛けを入れることが大事ですが、

 

あなたのお店では何をやれば効果的ですか?

 

一番動きやすいものは

・無料体験

・割引価格での提供

・特別なイベントに招待

などですね。

 

例えば、

スポーツジムだと

無料で体験コースを受講!

などですね。

 

またコンビニなどでは

特定のアイテムを半額とか

多く買ったら、1つ無料とかできるかもしれません。

 

美容室であれば

特定のコースを割引価格にしたり

紹介者を連れてくれば、半額

とかですね。

 

その前に誰に訴える?

具体的な一歩を踏み出す前に考えてほしいことを一つ伝え忘れていました。

 

それは、

「それを誰に訴えるか?」

です。

 

一番反応して下さるお客様層を知ることが大事です。

 

誰に対しても無料にすることもできます。

それでお客様になっていただくこともできるかもしれません。

 

でもお客様層をしっかり見極めた上でアプローチをしないと、本当のお客様にはなり得ません。

 

それを絞るためには、キャッチコピーが最も大事です。

 

ここであなたが来て欲しいお客様をぐっと絞るのです。

 

例えば、スポーツジムだと

「年末に忘年会続きで、体重が増えたな〜」

「何とかしないといけないな〜」

と思っている人にはこんなキャッチコピーです。

 

「忘年会で増えてしまった体重を5kg減らせます」

というキャッチコピーになります。

 

 

また

「新年だから、心機一転何かやってみるかな〜」と思っている人に対しては

 

「今年こそ痩せたいと思っている方へ

一度だけでも効果が出ます!

楽しく痩せられます。」

なんてコピーになります。

 

このように、お客様を絞った上で、キャッチコピーを書くのがコツです。