2012年

10月

19日

年賀状のふち無しはがき印刷『年始状って?』

 こんにちは、ふち無しはがき印刷本舗です。台風一過、今日は秋晴れの良いお天気になりましたが、昨晩は一晩中続くすごい土砂降りでしたね。以前はマンションに居たので、窓に当たる雨音しか聞こえなかったのですが、今は一軒家になり、雨の日は屋根に当たる雨音が妙に心地よかったり…(昨晩はかなりうるさかったですが)。みなさんはどんな夜を過ごされたのでしょうね。

 

 さて、『年始状』というのを聞いたことがありますか? 昨年の東北関東大震災を受け、被災した方への気持ちを考慮して、賀詞など祝い事の言葉を使わない表現で作られた挨拶状です。震災後になんとか気持ちを伝えたい、でも年賀状ではちょっと…という方が非常に多かったことが背景です。このことからも、年賀状はこれまで、日本人の大切な挨拶の風習としてしっかり定着してきたものだということがわかりますね。

 2013年を迎えますが、まだまだ被災地では復興に向け、がんばっておられる方々が大勢いらっしゃいます。おめでたい言葉が並んでしまう年賀状では気が引ける…という場合には、『謹んで新年のご挨拶を申し上げます』などの言葉に置き換えた『年始状』にしてみてはいかがでしょうか。