DTPソフトでふち無しはがき印刷用の完全データを制作

印刷物や出版物の原稿作成や編集、デザイン、レイアウトの作業をコンピュータで行い、データを印刷所に持ち込んで出版することを「DTP((Desktop Publishing )」と呼び「机上出版」と訳されることもあります。はがきのような「出版」に属さない制作もDTPで行い、現在では商業印刷物、商業出版物の編集作業のほとんどがDTPで行われるようになっています。

ここでは、DTPソフトを使ったふち無しはがき印刷用データの制作方法について解説します。

 

事務用のソフトとの違いは?

ワードやエクセルなど、事務や学校などて使われているソフトとの大きな違いは、何よりも制作の自由度が高いことです。自由に絵を描いたり、文字を変形せたり、半透明にしたりと、目に見えることは何でも実現できると言っても過言ではないです。

専門性が高くて目立たないことですが、大きさや位置精度の高さや色の標準化など、「何でもできる」からには、その基盤となる仕組みがしっかりとしていなければなりません。DTPソフトと事務用ソフトの大きな違いが、この点なのかもしれません。そのためDTPソフトをちゃんと使うためには、印刷のことを知った上でソフトを使い切らないと、トラブルにもなります。

最近ではDTPも勉強でき、プロのテクニックを手軽に手に入れることもできる時代です。こだわった年賀状や暑中見舞いを作りたくなったら、是非トライしてください。

Adobe Illustrator・Adobe Photoshop

プロのデザイナーが使うデザインソフトの中でも、最も一般的なのが、Adobe IllustratorAdobe Photoshopです。これらのソフトではがきデザインをする方法を解説します。

ご入稿は、Adobe IllustratorAdobe PhotoshopともにCCまで対応しております。

 

なお、弊社のカラーマネージメントは、Japan Color 2001 Coatedです。

 

トンボの設置などふち無しに特化したデータの制作方法は、ふち無しレイアウトを基本をご覧ください。

       

なお、Adobe illustrator とAdobe Photoshop以外のDTPソフトで制作する場合も、これらの作り方に準じて下さい。データの保存形成式は、Adobe illustrator とAdobe Adobe Photoshopの形式に揃えてください。弊社では、それぞれCS6のバージョンまでに対応しています。また、PDFにも対応しています。PDFの場合は、PDFXa1に準拠したデータのみ受け付けます。

 

当社へデータ入稿

印刷メニューから[ふち無し年賀状印刷][ふち無し暑中見舞い]などのはがきの種類をクリックすると、[データ入稿]ボタンが現れますので、そこからご入稿ください。

ご入稿の際には、

  • 印刷用のデータ
  • 印刷見本データ(印刷データを画像にしたもの。プリントアウトされたものを携帯電話のカメラで撮っても構いません)

を一つのホルダーに入れて、ホルダーを圧縮され一つのファイルにしてご送付ください。

好評!色本校正サービス

ふち無しはがき印刷本舗では、ご要望によりデータ入稿されたデータを本校正を出力をいたします。ご入稿フォームで、オプションのサービスの[色校正]を選択ください。校了完了したデータを本校正印刷(はがきと同等の紙に印刷)し、送付いたします。

詳しくは、色校正・出力見本サービスをごらんください。