WINでPDFを作る場合のポイント

ウインドウズ(WIN)のパソコンの場合、PDFを作るためには、使っているパソコンに「仮想プリンタードライバー」をインストールしなければなりません。普段使い慣れているソフトの[印刷]機能に、新しいプリンターを追加する要領です。

PrimoPDFのダウンロード

当社で推薦するのは、PrimoPDFというフリーのPDF制作ソフト。仮想プリンタードライバーとして、ウインドウズPCの印刷機能に組み込むことができます。

詳しくは、『PrimoPDFのDLと設定』を御覧ください。

PDFの制作

1.ドキュメントが完成したら保存し、[ファイル]メニューから「印刷」を選択します。
2.印刷の設定画面が表示されたら、プリンターとして「PrimoPDF」が選択されていることを       確認し、設定を今一度確認して「印刷」をクリックします。
3.しばらくすると、PrimoPDFのダイアログボックスが現れます。
  ※PrimoPDFでは、2バイト文字のファイル名をつけることができないため、その説明のダイア
   ログが表示されます(作成したPDFのファイル名をあとで変更する事は可能)。

4.しばらくすると、PrimoPDFの設定画面が現れます。
5.「プリプレス」を選択し、ファイルの保存先を指定して「PDFの制作」をクリックします。
6.しばらくするとAdobeReaderで、作成したPDFファイルが表示されます。

PDFの確認

フォントの埋め込みの確認

PDFにフォントが埋め込まれているか?確認するには、AdobeReaderでメニューの「ファイル(F)」から「プロパティ(R)」を選択、「文書のプロパティ」ウィンドウを開きます。「文書のプロパティ」ウィンドウが開いたら、「フォント」タブをクリックします。

全てのフォント名の右横に「(埋め込みサブセット)」と表示されているかを確認します。

印刷して、校正します

PDFを印刷して、デザインした通りに出力されているか、確認します。

問題なければ、制作したPDFをご入稿いただきます。

ご入稿後校正

  なお、ご入稿いただいたデータは、実際に印刷するサイズに拡大した「校正データ」をメールにてご確認いただけますので、ご安心ください。