印刷用PDFの作り方

皆さんのお使いのパソコンは、ウインドウズ(WIN)またはマッキントシュ(MAC)でしょうか。ここでは、パソコンの違いによるPDFの作り方についてご案内ます。

PDF入稿の利点

PDFデータを制作するには知識が必要ですが、コツをつかめば簡単。ここではPDF入稿の利点をご案内します。

使用するソフトやパソコンを選ばない

PDFファイルはAdobe社が無償で配布しているAdobe Readerがあれば、作成したソフトが無くても内容を閲覧したり印刷したりすることが出来ます。また、この説明の通り行えば、ほとんどのソフトでPDFファイルを作成することが出来ます。PDFデータで入稿すれば、印刷会社側に同じソフトがなくてもPDFを開くことができるので、印刷会社に同じソフトが無くても印刷が出来るのです。

別で説明しているDTP用のソフトを使用することなく、普段皆様が使い慣れているソフトからPDFデータを作成して入稿することにより、使用するソフトを気にする事なく入稿用のデータを作成することができます。

また、PDFデータは、WIN、MAC、Linuxなど、パソコンのOS(基本ソフト)を気にせず制作・閲覧・印刷することが出来ます。

使用するフォントを気にせず作業

お客様がデザインしたはがきで使っているフォントは、さまざまです。同じ名前のフォントでも、パソコンの違いやフォントそのものバージョンの違いで、文字ズレや文字化けが起きてしまいます。そもそも、お客様のお持ちのフォントを当社が全て所有していないので、必ず問題が起こります。

PDF入稿はこの問題を完璧に解消してくれます。フォント埋め込み機能があるPDF作成ソフトを使用すれば、PDFファイルにフォントを埋め込むことが可能になるため、使用するフォントを気にせず入稿用データを作成することができるのです。

リンク画像の添付が不要

DTPのソフトは、デザインに埋め込む画像を別に用意しなければなりません。ところがPDF入稿では、フォント同様リンクしている画像を埋め込むことができます。このため、リンクの添付忘れや画像のバージョン管理など簡単になり、当社とお客様のデータのやりとりでトラブルが激変します。

データサイズを気にする必要がない

PDFには圧縮の機能があるため、データのファイルサイズをコンパクトにすることが出来ます。このため、今まではCDやDVD、MOなどにコピーし輸送しないと入稿できなかったデータを、当社ではあたかもメールに添付するような簡単な操作で入稿することが可能です。(当社では、200Mバイトのデータまで取り扱うことができます。)

※それでも注意すること

PDFには、カラーの定義が、RGBとCMYKの2種類があります。RGBは光の色管理、CYMKはインクの色管理、と理解してください。厳密には、印刷用のPDFは、CMYKで色を管理しなければなりません。しかし、DTPでのPDF制作以外で作ったPDFは概ねRGBで管理されたPDFです。

当社では、RGBでご入稿されたPDFデータをCMYKに変換して印刷いたします。印刷用PDFは、蛍光色を表現することができません。しかし、モニターでご覧のRGBデータは、輝いて表現できるので、蛍光色も艶やかに鮮やかに見ることができます。そのため、RGBデータをCMYKに変換すると一般に"色褪せた感じ"になるといわれています。これについては、ご理解いただくしかありません。当社では色校正出力のオプションサービスで、事前の色味をご確認いただくことが出来ます。

ご入稿後校正

ご入稿いただいたデータは、実際に印刷するサイズに拡大した「校正データ」をメールにてご確認いただけますので、ご安心ください。