ふち無し喪中はがきデータ入稿は、こちらから

『ふち無しはがき印刷本舗』のデータ入稿は、印刷業者様やデザイナー様、そして個人の方が、ご自分で制作された印刷用完全データを入稿し、印刷だけ依頼したいというメニューです。

データ入稿ボタン

データ入稿可能なファイルは…

データの種類は、プロが使うDTPソフトだけでなく、一般の方が使う年賀状制作ソフトやマイクロソフトワードやパワーポイントなどのビジネスソフトで制作したデータでも、ふち無しはがき印刷が可能です。ふち無しはがき印刷本舗で対応できるソフトは以下の通りです。

DTPソフト

  • Adobe Illustrator
  • Adobe Phtoshop

ビジネスソフト

  • MS WORD
  • MS XSCEL
  • MS Power Point

年賀状ソフト

  • 宛名職人
  • 筆まめ
  • 筆ぐるめ
  • 筆王
  • はがきデザインキット

  • ここに挙げたソフト以外でも、ソフトに書き出しメニューがあれば、ほとんどのソフトで、弊社のサービスが使えます。書き出しファイルの種類は、pdf, jpg, png, tiff, epsの画像データとなります。
  • pdfファイルは、フリーのソフトをインストールすることにより、プリンター出力する要領で書き出すことができ、万全です。

プロの使うソフトとの違い

当サイトのDTPソフトのページで紹介する、プロの使うソフトとの違いは何か?というと、プロのソフトは、何でもできてしまうことです。ビジネスソフトや年賀状ソフトは、限られたことしかできませんが、多くの人が希望することは概ねできてしまいます。このように書くとチンプンカンプンですね。料理で考えてみましょう。

材料・調味料・鍋釜が揃ったキッチンAと、インスタント食品だけのキッチンBとします。全く料理を作ったことがない人が、どちらのキッチンで料理を作ることができるか? 答えは簡単ですよね。Bです。

DTPソフトは、文字を自由に変形できたり、透明度をつけたり、写真の色を変えたり、目で見えることはほとんど可能ですが、それを使いこなしたり、結果素晴らしいデザインができるかということは、また別の問題です。DTPソフトを使って素晴らしいデザインをすることは、とっても魅力的なことですが、一朝一夕でできることではないのです。ですから、最初は「はがきデザインキット」のような年賀状作成支援ソフトで、すでにある色々な材料を組み合わせて、簡単に見栄えのする年賀状を作ることをオススメしたいのです。

喪中はがき印刷データ入稿の準備

ふち無しはがき年賀状印刷のデータ入稿をする前に、チェック項目をご確認いただき準備ください。

準備

年賀状デザイン面のデータは用意しましたか?

年賀状印刷枚数は決まっていますか?

オプション

宛名印刷は依頼しますか? >>宛名名簿をご用意ださい。

宛名印刷したものは、当社で投函しますか? >>投函代行が可能です。

色校正をはしますか? >>印刷前に色校正(本校正)が可能です。

お急ぎですか? >>納期を短縮するメニューがあります。

データ入稿ボタン