色校正

 官製はがきで色校正サービスを実施しています。本刷で使用するカラーオンデマンド機から出力しますので、本注文時の色を正確に再現します。色校正サービスをメニューを提供している年賀状印刷会社は当社だけ。それだけ色の再現性に自信があります。

ふち無しはがき印刷のお申込みの際に、オプションとしてご依頼下さい。

出力見本を実費で承ります

  • お年玉付き年賀状に3枚印刷
  • データ入稿・入金確認後、翌日発送

本物の年賀状に印刷した見本を3枚送付します。印刷業界では、『色校正』と呼んでいます。データ入稿・入金確認後、翌日に発送します。この際、印刷データの確認は当社独自の判断で行ないます。その理由は、年末で一刻も早く納品をお待ちの戴いているから。万が一データに問題があっても現物で確認できますしね。

DTPソフトでの入稿の場合、カラーマネージメントはICCプロファイルに基づきます

当社では、JapanColor2001CotedのICCプロファイルに基いて印刷しています。印刷機は、JapanColorの認証を受けたオンデマンド印刷機で印刷しております。
付け加えますと、DTPソフト以外のソフトでは、カラーマネージメントというと調整がありません。つまり、色の標準化ができないということもご案内しておきます。

色についての考え方

お客さまがご覧いただいているもの、例えばPCの画面やプリンター出力ですが、この出力が色の基準になっていると思われている場合が多いです。しかし実際は違っています。家電量販店のテレビ陳列のデモ画面がいい例です。個々のTVで色が大きく違いますよね。これと同じで、PCやプリンターの色具合は、メーカー差・製品差・個体差があるのです。そこで、説明したICCプロファイルなるものがあるのです。

そのような理由で、どんなふうに印刷できるかは、『色校正』を見ていただくのが一目瞭然とワケです。