立秋を過ぎたら…残暑見舞いを出しましょう

暑中見舞いの書き方辞典

 暑中見舞いを出そうと思っていたのに、ついつい忙しくて時期が遅くなってしまった!…気がつけば8月も半ば…という時も大丈夫、夏の挨拶状は出せるのです。ただし、この場合は「暑中見舞い」ではなく「残暑見舞い」になりますのでご注意くださいね。

 残暑見舞いは、暑中が終わった立秋(8月7日頃)を過ぎてから8月末頃までの時期に出す挨拶状です。「立秋」とは、二十四節気(にじゅうしせっき)の1つで、この日からは暦の上では秋になります。秋とはいえ、8月に入ったばかりですから、暑さはまだまだ厳しいですよね。このまだ暑さが厳しい時期に相手の体調を気づかうとともに、こちらの近況を伝えるのが「残暑見舞い」です。文字どおり「暑さが残っている」時期の挨拶状なのです。ちなみに、お中元の時期を過ぎてから贈る贈り物も「残暑見舞い」と言います。

残暑見舞いはいつまで出せるの?

ふち無しはがき印刷本舗の残暑見舞い

 7月初旬、梅雨が明け本格的な暑さが到来しまし、この最も暑いさなかに出すのが暑中見舞いです。
そして、暑中見舞いの時期(7月7日ごろから8月6日ごろまで)を過ぎて出すのが「残暑見舞い」です。暦の上では秋なのにまだ暑さが残っているという意味で、残暑見舞いになるのです。

まとめてみると…
・暑中見舞い…小暑(7/7頃)~立秋(8/7)前日まで。
・残暑見舞い…立秋(8/7頃)~8月末くらいまで

 暑中見舞の時期を過ぎた頃に出す残暑見舞いは、ちょうどお中元時期の後になるため、御中元のお礼状を兼ねた残暑見舞いでもいいでしょう。余談ですが、地域によって異なりますが、お中元の時期はだいたい7月上旬~7月15日頃です。関西地区では8/15頃まで。また西日本の一部地域では7月に入ってから、7月末頃までの間にお中元を贈るのが慣例のようです。

残暑見舞い、何を書いたらいいの?

ふち無しはがき印刷本舗の残暑見舞い

では、実際に残暑見舞いにはどんなことを書けば良いのでしょうか。立秋を過ぎたので暦の上では秋も「まだまだ暑さが続きますので健康に気をつけてくださいね」と、相手の健康を気づかって出すほか、お中元のお礼を兼ねて出す場合もあります。
残暑見舞いの内容は下記のようになっています。ほぼ暑中見舞いと同様の構成です。冒頭の挨拶は「残暑お見舞い申し上げます」となります。また8月いっぱいはまだまだ暑い時期です。相手の体調を気づかう言葉を必ず入れましょう。日付けを書く場合には「○年○月○日」というような正確な日付けは書かずに「平成○○年 立秋」あるいは「平成○○年 晩夏」「平成○○年 八月」などと書くのが慣例です。

盛り込む内容は以下の通りです。

  1. 残暑見舞いの挨拶となる言葉
  2. 時候の挨拶
  3. 書き手の近況報告
  4. 相手の体調を気づかう言葉
  5. 日付け

残暑見舞いの文例・1 一般

残暑お見舞い申し上げます。
 皆様におかれましては、お変わりなくお過ごしでしょうか。
私たち家族は変わりなく元気に夏を送っております。子供たちは真っ黒になって毎日部活に励んでおります。夏休みも部活三昧で、家族旅行もままなりません。
まだしばらく残暑が続くようです。皆様どうぞくれぐれもご自愛ください。
 
平成○○年 立秋

 

残暑お見舞い申し上げます
朝夕には秋風が感じられるようになってまいりました。
皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。
近隣の山々も、今年は鮮やかな色づきが期待できそうですので、紅葉の頃にぜひお越しください。私達も楽しみにお待ちしております。

平成○○年 晩夏

残暑見舞いの文例・2 お中元のお礼をかねて

残暑お見舞い申し上げます
 毎日暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
 このたびはお心のこもった御中元をお送り頂き、ありがとうございました。奥様にもくれぐれも宜しくお伝えください。
 まだしばらくは厳しい暑さが続きますが、体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。
お礼まで   

平成○○年 立秋