暑中見舞いの書き方

暑中見舞いの書き方

暑中見舞いは、一年で一番厳しい暑さのなか、相手の健康を気遣う便りです。また、自身の近況を報告する一言を書き添えたり、ご無沙汰のお詫びや相手の近況をうかがう便りでもあります。

季節感や心くばりも大切にして、さわやかさを届ける暑中見舞いにしましょう。

暑中見舞いには何を書いたらいい? 暑中見舞いの構成

ふち無しはがき印刷本舗の暑中見舞い

暑中見舞いは、一般的に次のような内容で構成されています。

1. 暑中見舞いの挨拶となる言葉(挨拶文)
2. 時候の挨拶
3. 書き手の近況報告
4. 相手の体調を気づかう言葉
5.日付け

 冒頭の挨拶ですが、あえて「暑中お見舞い申し上げます」と書かず、「梅雨が明けて夏本番となりましたが、お元気ですか」「暑い日が続いておりますが、いかがお過 ごしでしょうか」のように1と2を合わせた内容で書いても構いません。近況報告は、なるべく具体的な内容の方が、受け取る側も楽しいものです。この部分に御中元のお礼の言葉を書いても良いでしょう。

一年で最も暑くなる時期ですので、相手の体調を気遣う言葉は必ず入れてください。相手を立てて書くことが大切ですので、話題の順番は相手が先で自分は後、また書く位置も相手の名前や話題が自分よりも下にならないよう配慮しましょう。

日付けを書く場合には「○年○月○日」というような正確な日付けではなく「平成○○年盛夏」と書くのが一般的です。ちなみに、残暑見舞いの場合の日付け部分は「平成○○年晩夏」「平成○○年立秋」「平成○○年八月」などとなります。