暑中見舞いの文例

暑中見舞いの書き方 文例

ここでは、暑中見舞いのいくつかの文例をご紹介します。

お使いになる際に、手を加えてアレンジしてオリジナルの暑中見舞いの文面を作ってみてください。

  • ※1 暑中見舞いの挨拶
  • ※2 時候の挨拶
  • ※3 書き手の近況報告
  • ※4 相手の体調を気遣う言葉
  • ※5 日付け 

暑中見舞い文例・1 友人・一般

暑中お見舞い申し上げます(※1)
   梅雨が明けた途端に毎日暑い日が続いております。(※2)
   早いもので引っ越してから半年あまりが経ちました。子どもたちも環境に慣れ、みな変わりなく過ごしております。(※3)
   お忙しい毎日と拝察いたします、どうぞお体大切になさってくださいませ。(※4)

平成25年 盛夏(※5)

暑中見舞い文例・2 お中元のお礼をかねて

暑中お見舞い申し上げます(※1)
 毎日暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか?(※2)
 このたびはご丁寧なお心づかいをいただき、本当にありがとうございました。 ビールは二人とも大好きで晩酌が楽しみと大変喜んでおります。奥様にもくれぐれも宜しくお伝えください。(※3)
 まだしばらくは厳しい暑さが続きますが体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。(※4)  
取り急ぎお礼まで

平成○○年 盛夏 (※5)

暑中見舞い文例・3 上司へ

暑中お見舞い申し上げます(※1)
 連日猛暑が続いておりますが、ご家族の皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。
平素より何かとお世話になり誠にありがとうございます。(※2)
 おかげさまで、清里高原にて家族とゆっくり過ごしています。英気を養い、休暇後は○○部長のご期待に添えるよう仕事に邁進する所存です。(※3)
 炎暑厳しき折、くれぐれもご自愛のほどお願い申し上げます。(※4)
まずは、暑中お見舞いまで。

平成○○年 盛夏(※5)

暑中見舞い文例・4 恩師へ 

暑中お見舞い申し上げます(※1)
 このたびはご丁寧なお見舞状をいただき、ありがとうございました。(※2)
○○先生にはお変わりなくお元気でお過ごしのご様子、何より嬉しく存じます。いつもお心にかけていただき、ありがとうございます。(※3)
 真夏とはいえ、そちらでは朝晩は冷えることもあるかと存じます。体調など崩されぬよう、お体にお気をつけてお過ごしくださいませ。(※4)
まずは、お礼かたがたお見舞いまで。

平成○○年 盛夏(※5)

暑中見舞い文例・5 ビジネス

暑中お見舞い申し上げます(※1)
 貴社におかれましてはいよいよご隆昌のことと存じます。                    平素は格別のお引き立てにあずかり、誠にありがとうございます。(※2)
 今後とも倍旧のご愛顧を賜わりたく、謹んでお願い申し上げる次第です。(※3)          炎暑の折、皆様方のご自愛のほどお祈り申し上げます。(※4)

平成○○年 盛夏(※5)

暑中見舞い文例・6 店舗からお客様へ

暑中お見舞い申し上げます(※1)
 皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。(※2)
当店では、暑さに負けずスタッフ一同元気に皆様のお越しをお待ちしております。(※3)
 暑さ厳しき折ですが、ぜひ当ショップまで足をお運びいただけますよう、重ねてお願い申し上げます。(※4)
なお、誠に勝手ながら8月13日から15日まで夏期休業とさせていただきます。どうぞご了承ください。

平成○○年 盛夏(※5)