暑中見舞いを出す時期

暑中見舞いの書き方辞典

暑中見舞い(しょちゅうみまい)とは、暑中(小暑から立秋前日の約1ヶ月間。暦の上では7月7日ごろから8月6日ごろまで)に知人の家を訪問したり、手紙を出すことを言います。また、その手紙や贈り物そのもの自体を指す場合もあります。本来は、1年で最も暑い時期に相手の健康を気遣い、ご無沙汰している方へ近況を報告するものです。

ではそもそも、「暑中」とは何かご存知でしょうか? 実は二十四節気の「小暑(7月7日ごろ~大暑までのおよそ15日間)」と「大暑(7月22日ごろ~立秋までのおよそ15日間)」を合わせたおよそ30日間を「暑中」といいます。この「暑中」の間に出すのが「暑中見舞い」というわけです。

暑中見舞いはいつからいつまで出せるのか

ふち無しはがき印刷本舗 暑中見舞いの時期

暦の上では7月7日ごろから8月6日ごろまでが暑中(※日付はその年によって変動します)ですが、7月7日ごろといえば、まだ梅雨の真っ最中ですよね。梅雨の最中に届いてしまってはさすがに場違いな挨拶状になってしまいますので、「暑中見舞い」は、現実的には梅雨明け後から立秋までに出すというのが一般的です。 この時期はちょうど御中元のと重なりますので、お中元のお礼状を兼ねた暑中見舞いでも良いと思います。

日本郵便では、暑中見舞い用のはがきとして「かもめ~る」を発売しています。

立秋を過ぎたら、「残暑見舞い」を

ふち無しはがき印刷本舗 残暑見舞い

では、立秋を過ぎてしまったら、挨拶状はどうすれば良いのでしょうか? 立秋を過ぎたら秋になってもまだ暑さが残っていると言う意味で、「残暑見舞い」にして出します。残暑見舞いの期間については、特に日付は指定されていませんが、遅くとも8月末までに届くようにするのが一般的です。

■立秋を過ぎたら残暑見舞い   詳しくはこちら