ふち無しはがき印刷本舗 暑中見舞い

暑中見舞いは、一年で一番厳しい夏の暑さの中、相手の体調を気遣う思いやりの挨拶状です。また、自身の近況を報告する言葉を一言添えて、ご無沙汰のお詫びや相手の近況もうかがうこともできます。暑中見舞いは、暑さを忘れさせ、夏を健やかに過ごしてもらうために爽やかさを届ける便りです。

ここでは、暑中見舞いのマナーや書き方、文例などをご紹介します。今年の夏はぜひ、大切なあの方へ涼しさと爽やかさをお届けする暑中見舞いをふち無しはがき印刷本舗の暑中見舞いで出してみませんか?

暑中見舞いのマナーと書き方

暑中見舞いの書き方辞典

暑中見舞い(しょちゅうみまい)とは、暑中(暦の上では7月7日ごろから8月6日ごろまで)の1年で最も暑い時期に相手の健康を気遣うのものです。

夏のご挨拶ですから、正しいマナーで出したいものですね。ここでは暑中見舞いのマナーや書き方、文例などをご紹介しています。ぜひ参考にして、暑中見舞いを出してみてください。

暑中見舞いっていつ出したらいいの?

ふち無しはがき印刷本舗の暑中見舞い

暑中見舞いの期間は、夏の土用(立秋前の約18日間)とするものや、暑中(小暑から立秋前日の約1ヶ月)とするもの、また梅雨明け以降を条件に加えるものもあります。
ここでは、暑中見舞いを出す時期についてご紹介しています。

■暑中見舞いを出す時期   詳しくはこちら

暑中見舞い、何を書いたらいいの?

ふち無しはがき印刷本舗 暑中見舞いの書き方

暑中見舞いは、7月初旬の梅雨明けの頃から、立秋(ニ十四節気のひとつ。8月7日頃)までの間に出します。時期的には、ちょうど御中元と重なりますので、お中元のお礼状を兼ねた暑中見舞いでも良いと思います。実際に、暑中見舞いにはどんなことを書いたら良いか、どんな作りにしたら良いか、ここでは紹介しています。

■暑中見舞いの書き方   詳しくはこちら

暑中見舞いの文例

ふち無しはがき印刷本舗 暑中見舞いの文例

暑中見舞いを出すのに便利な、いくつかの文例をご紹介しています。お使いになる際に、ご自分で手を加え、アレンジしてオリジナルの文面を作ってみてください。

■暑中見舞いの文例   詳しくはこちら

暑中を過ぎてしまった! 暑中見舞いはまだ出せる?  立秋を迎えたら「残暑見舞い」

暑中見舞いを出そうと思っていたのに、時期を逸してしまった! 暑中を過ぎ、立秋を迎えてしまった! という時は、暑中見舞いではなく、「残暑見舞い」を出しましょう。

ここでは残暑見舞いのマナーと書き方についてご紹介しています。

■立秋を過ぎたら残暑見舞い   詳しくはこちら