海外へ年賀状を出したい

 日本ではおなじみの年賀状。実は追加で20円分の切手を貼ると、世界中に出すことが出来るのをご存じでしたか? 海外で仕事や勉強をがんばっているご家 族やご友人へ、また留学先や旅先など外国でお世話になった方へ、日本から世界中へ、新年の心のこもったご挨拶を送りましょう。

 

海外への年賀状の出し方

http://yubin-nenga.jp/ems/
http://yubin-nenga.jp/ems/

海外への年賀状の出し方として気をつけなければならないのが、宛名の書き方です。まず、エアメールとなりますので、宛名を書く場合、はがきは横向きにして使います。いくつか注意点がありますので、挙げておきます。

①追加料金分の20円切手を貼ります。

お年玉くじの部分や「年賀」の文字を切り取ったり消したりする必要はありません。

空いているスペースに『AIRMAIL』と『POST CARD』と書きます。

 ④差出人の住所氏名は横向きにしたはがきの上辺に、受取人の住所氏名は下辺にそって書きます。

⑤住所は英語・フランス語または送り先の国で通用する言語で記入します。

 

元旦に届くように送るには

  海外では、日本のような年賀特別郵便(元日配達など)がありません。また投函された海外年賀は、各地の郵便局で留め置きされずに外国へ送られます。
年始の頃に届くように出したい場合は、国際郵便ページの「お届け日数表(通常郵便物:航空便)」を目安に出しましょう。

 

海外郵便でも、ポスト投函で大丈夫?

 海外への年賀状でも、お近くの郵便ポスト、または郵便局の窓口で出すことができます。ただし、海外年賀をポストに投函する時は、「年賀用」ではなく「通常の郵便物用」投入口へ投函してください。

 

年賀はがき以外(私製はがき・絵はがき等)でも出せる?

 私製はがきや絵葉書も、全世界あて均一料金の70円で航空便で送ることができます。このとき、はがきに黒または青字で「AIRMAIL」と表示してください。

 また絵葉書のように裏面が一面写真だけで、オモテ(宛名面)に文面を書きたい場合は、あて名面の右半分にあて先の住所・氏名等を記入し、メッセージは左 半分のみに書きます。あて先の住所・氏名が読み取りづらい場合、外国での配達が困難になる場合がありますので、真ん中に線を引いてメッセージと宛名書きが ハッキリ区別できるようにするなどが必要です。