年賀状の宛名の書き方

通常、郵便物に宛名を書く際には「山田太郎 様」のように相手の氏名の下に「様」をつけるのが一般的ですが、会社あて(担当部署名あて)の場合には「御中を使います。
下記に、会社あて、個人あて、先生あて、子どもあての例をご紹介します。

 

■個人あての場合

  1. 個人あて……… 基本的には相手の氏名の下に「様」をつけます。
  2. 御夫妻あて……ご主人の名前を右に書き、左に奥様の名前または、「奥様」「御奥様」などと書きます。「様」を1つだけ書くことは失礼になりますので注意して下さい。
  3. ご家族あて……ご主人の名前を右に書き、左に「ご家族様」と書きます。

 

会社あての場合やビジネスでの宛名

  1. 会社あて……社名の下に「御中」をつけます。社名が長い場合、宛名を書いた時にどうしてもスペースに入らない時に限り、株式会社を(株)というように省略します。
  2. 担当部署あて……先方の部署名の下に「御中」をつけます。社名の下に無理に書かずに、改行して部署名を書いても構いません。
  3. 役職・肩書きのある相手あて……まずは社名、部署名を書きます。つぎに行を変えて、役職→氏名→様(または「殿」)の順に書きます。
  4. 担当者あて……まずは社名、部署名を書きます。次に行を変えて氏名→様の順に書きます。

   【役職→氏名→様の順に書いた例】
     ○     社長 山田太郎様  
     ×     山田太郎 社長様
     ×     山田太郎 社長殿
    ※肩書きと敬称「様」は続けて書いてはいけません。   
    ※社名と部署名は一行におさまらなければ改行しても構いません。